yuku.dev

2020-12-31

2020 年の振り返りと 2021 年やりたいこと

2020 年いろいろあった。振り返る。

フルタイムワーカーになった

5 月から Ubie に正社員として入社してフルタイムワーカーになった。

もちろん生活とかも変わったが、何より大きく変わったのはエンジニアとしての気持ち。正直今までは技術にこだわりのないエンジニアはかっこよくないと思ってたし、自分も常に技術と向き合って追い続けなきゃいけないという焦りのような強迫観念のようなものがあった。

でもスタートアップで事業と向き合うようになって、技術的に妥協することが増えて、その折り合いをつけるのにしばらく苦労した。正しくない妥協を強制されるとかなら辞めればいいんだけど、事業を進めるために正しい妥協だと分かりつつもエンジニアとしての矜持に反する、みたいなところで難しかった。

今でも技術の最前線を走るエンジニアへの憧れとか焦りはあるけど、だいぶバランスは取れるようになってきた。会社としてもより技術に向き合うフェーズになってきていて、2021 年はガッツリ踏み込んでいきたい。裁量も大きく楽しいと思うので一緒にやってくれる方、話だけでも聞いてくれる方は連絡ください。

大学生を頑張った

入社と同時に休学するつもりだったけど、COVID-19 の影響でオンライン授業になったので続けてみた。春学期は仕事や趣味との両立に苦戦して 2 単位しか取れなかったが、秋学期は 4 年間での卒業を諦める前提で立て直して、なんとか除籍基準の 15 単位は取れそうな見通し。

また、学業以外にも、広義の大学生業としてサークルに行くなどを頑張った。きっかけはいろいろある。直近で結婚式の招待をいただいて、ふと僕は誰を呼ぼうって怖くなったりとか。「結婚式に呼びたい友達の数」は計測しやすくて KPI として良いなと思ったけど、そういうこと考えてるから友達ができないんだと思う。

オンライン授業が続く限りは休学しないつもりなので、2021 年も最低限やっていく。

OSS やアウトプットをやめた

入社したタイミングでは OSS やっていくと意気込んでいて、夏頃まではちょくちょく OSS コントリビューションをしたり ISUCON に出たりしていた。しかし、仕事や学生業との両立が難しく、結果的にすべて中途半端になってどうしようもなかったので、下半期は仕事と学業の両立をテーマにして、アウトプット系は意図的に我慢するようにした。

これはそれなりに成功して、仕事と学業のパフォーマンスは体感できる程度に上がったし、自分のキャパもなんとなくわかってきた。

2021 年 は 3 月まで学期的に学業が落ち着くので、仕事と OSS の両立をテーマにやっていく。そしてヌルっと学業も織り込めていけたらと思う。

車を買った

10 月に車を買った。納車の 2 時間後に筑波山でイノシシに衝突してバンパーを破壊した。

外出苦手人間としては車はかなり良くて、スーパーなどに行けるようになり人間度がかなり増した。11 月は COVID-19 が落ち着いていて、遠出をすることもできた。

旅行欲がかなり溜まっているので 2021 年は COVID-19 の様子を見つつお出かけをしたい。そのためにまずは友達を作る。

音楽を始めた

ロックバンドに漠然とした憧れがあり、6 月頃にアコースティックギターを買った。

以前にピアノを始めたときは、ピアノの前に座って電源をつけて...という弾き始めるまでのハードルが高くて続かなかった。それに比べてギターは手の届く範囲に置けて、集中が切れたタイミングでサクっと気分転換にできるためか、今日までほぼ毎日継続できている。プログラミング以外でここまで継続できたことはたぶんないのですごい。

今のところ独学でも成長を実感できていて楽しいが、そろそろ壁に当たりそうな予感なので、2021 年は教室に通って本格的にやろうかと考えている。

また、どうやらギターの技術だけでは気持ちよくなりきれないことがわかってきたので、2021 年は理論周りを勉強してさらに気持ちよく弾けるようになりたい。

まとめ

色々と決断をして変化があった年だったけど、今のところ決断に関して大きな後悔はなさそう。アウトプットをやめたことへの焦りと ISUCON が微妙だったことへの悔しさは大きいので、来年は成していきたい。